ホーム > 情報ノート > トラベラーズチェックと外貨両替

「トラベラーズチェックと外貨両替」

情報ノートでは、旅行用品 の紹介もしています。
郵便局  |ホームページゆうちょ - 外貨両替・トラベラーズチェック
全国の郵便局で外貨両替を取り扱っている。ただし全ての局で常備しているのは米ドルのみ。全通貨常備しているのは50局(**中央郵便局など)。少額米ドルを100枚とかの両替も確実に対応してくれる。トラベラーズチェックはアメックスあり。地方局でも事前に連絡すれば、非常備の券種を揃えてくれる。
ZenTech は「外貨両替するなら郵便局」と思っている。
外貨両替:
米ドル (USD)、カナダドル (CAD)、英ポンド (GBP)、韓国ウォン (KRW)、オーストラリアドル (AUD)、スイスフラン (CHF)、ユーロ (EUR)
トラベラーズチェック(T/C):
米ドル (USD)、カナダドル (CAD)、英ポンド (GBP)、オーストラリアドル (AUD)、スイスフラン (CHF)、ユーロ (EUR)、日本円(JPY)
UFJ銀行  |ホームページ外貨両替ショップ外貨両替相場
外貨両替:
アメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、カナダドル、スイスフラン、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、香港ドル、シンガポールドル、インドネシアルピア、タイバーツ
トラベラーズチェック(T/C):
アメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、カナダドル、スイスフラン、オーストラリアドル、日本円
東京三菱銀行  |ホームページトラベルコーナー両替相場
外貨両替:
アメリカドル、カナダドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフラン、デンマーククローネ、ノルウェークローネ、スウェーデンクローネ、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、シンガポールドル、香港ドル、タイバーツ、韓国ウォン
トラベラーズチェック(T/C):Amex / MasterCard
アメリカドル、カナダドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフラン、オーストラリアドル、日本円
みずほ銀行  |ホームページ外貨両替相場
外貨両替:
米ドル、英ポンド、ユーロ、カナダドル、スイスフラン、スウェーデンクローネ、デンマーククローネ、ノルウェークローネ、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、韓国ウォン、香港ドル、シンガポールドル、タイバーツ
トラベラーズチェック(T/C):
米ドル、英ポンド、ユーロ、カナダドル、スイスフラン、オーストラリアドル、日本円
三井住友銀行  |ホームページ外貨両替コーナー |一部支店の外貨両替コーナでレート優遇あり
外貨両替:
米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダドル、スイスフラン、スウェーデンクローネ、デンマーククローネ、オーストラリアドル、香港ドル、シンガポールドル、ニュージーランドドル、タイバーツ、ニュー台湾ドル、韓国ウォン、中国人民元
トラベラーズチェック(T/C):
米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダドル、スイスフラン、オーストラリアドル、日本円
CITIBANK(シティバンク)  |ホームページトラベラーズチェック
外貨両替:
不明
トラベラーズチェック(T/C):
米ドル、ユーロ、オーストラリア・ドル、イギリス・ポンド

口座保有者は、発行手数料無料(通常は総額の1%)。円からのご購入はもちろん、自分の各通貨建て預金からもトラベラーズ・チェックでの引き出しが可能。

香港上海銀行(HSBC)  |ホームページ外貨両替(マネーポート)為替レート
HSBCはイギリス・ロンドンに本拠地を置く世界有数の金融グループ。 マネーポートは中核銀行である香港上海銀行が提供するサービス。マネーポートは、一部の国内銀行や大手旅行代理店でも取り扱っている。
外貨両替:
日本で最大の27通貨の外貨紙幣
トラベラーズチェック(T/C):
アメリカドル、カナダドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフラン、オーストラリアドル、日本円
アメリカンエキスプレス(アメックス)  |ホームページトラベラーズチェック
世界で最も通用度/信頼度が高いと言われるアメリカンエキスプレス(アメックス)。支店網も発達しているのでもしもの時にも安心。
郵便局で購入できるほか、都市銀行ではUFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、東京三菱銀行が取り扱っている。もちろんAMEXの外貨両替ショップでも購入可能、場所はWebサイトで確認して下さい。
外貨両替:
トラベラーズチェック(T/C):
米ドル(US$)、ユーロ、スイス・フラン (SF)、英ポンド (£)、カナダ・ドル(C$)、オーストラリア・ドル(A$)日本円 (¥)
トラベレックス(トーマスクック)  |ホームページトラベラーズチェック本日のレート
トラベレックスと聞けば???でありますが、トーマスクックの発行会社です。 世界最初のトラベラーズチェック(当時は、旅行信用状と呼ばれた)がトーマスクック、以来王様的な旅行小切手だったのですが・・・ トーマスクックはいつの間にかこの会社に吸収されました。 トラベレックス自体は、イギリスの世界的な旅行関連サービス会社です。VISA(ビザ)のTCも発行しています。
外貨両替:
アメリカドル USD、カナダドル CAD、ユーロ EUR、イギリスポンド GBP、スイスフラン CHF、スウェーデンクローナ SEK、ノルウェークローネ NOK、デンマーククローネ DKK、オーストラリアドル AUD、ニュージーランドドル NZD、韓国ウォン KRW、中国元 CNY、香港ドル HKD、台湾ドル TWD、シンガポールドル SGD、タイバーツ THB、インドネシアルピア IDR、マレーシアリンギット MYR
トラベラーズチェック(T/C):
アメリカ ドル、ユーロイギリス ポンド、カナダ ドル、オーストラリア ドル、スイス フラン
JTB  |ホームページトラベラーズチェック&外貨キャッシュ
JTBカード会員の特典「JTB発行米ドルトラベラーズチェックの発行手数料無料」あり、ただしインターネットから購入の場合は対象外(手数料1%必要)
外貨両替:
アメリカドル USD、カナダドル CAD、オーストラリアドル AUD、ニュージーランドドル NZD、イギリスポンド GBP、スイスフラン CHF、ユーロ EUR、香港ドル HKD、シンガポールドル SGD、中国元 CNY、韓国ウォン KRW
トラベラーズチェック(T/C):
アメリカドル USD、カナダドル CAD、オーストラリアドル AUD、イギリスポンド GBP、スイスフラン CHF、ユーロ EUR、日本円 JPY
セシール(通販会社)  |ホームページトラベラーズチェックのネット販売
TCの手数料が0.5〜0.7%と割安(普通は1%)。ただし代金の銀行振り込み手数料は購入者負担。多額のTCを購入するならセシールは使えるかもしれないです。TCはアメックスです。
外貨両替:
トラベラーズチェック(T/C):
米ドル(US$)、ユーロ、英ポンド(£)、カナダドル(C$) 、豪ドル(A$) 、 日本円(¥)

トラベラーズチェックの購入
1,郵便局/銀行の外貨両替の窓口へ行く。空港にも郵便局/銀行の出先窓口があります。
2,欲しい外貨の種類と金額を言います。「複数の額面がセットになった物」や「100ドル×10万などの同一額面セット」が主流ですが、ばら売りしている所もあります。
3,両替レートは、テレビで見かける「現在の外国為替」のレートとは異なります。米ドル トラベラーズチェックの購入レートだと+1円が相場です。外貨現金で+3円。銀行によってレートは異なることがあるので、チェックしてみて下さい。為替相場なのでレートは日々変化します。購入時に手数料が掛かります。一般的に購入金額の1%です。優遇キャンペーンなどで手数料の割引がある場合もあります。
4、購入したら、その場でサイン(パスポートと同じサイン)を記入して下さい。「面倒だから、帰ってから」なんて絶対にやめましょう。サインがないと、紛失時の再発行を受けられません。
アメリカンエキスプレス
表:
アメリカンエキスプレス トラベラーズチェック
裏:

トラベラーズチェックの使い方
1,空港の銀行窓口、町中の銀行・両替屋に行く。ホテル内の両替はレートが悪いのでお薦めできません。
2,自分の持っているトラベラーズチェックを提示し取り扱っているか確認する。場所によっては、断られる。トルコの田舎では、10000円のTCは、高額だと言われ断られた。でも100ドルTCはOKでした。
3,パスポートとトラベラーズチェックを渡す。
4,銀行側で問題がないことを確認(偽造、盗難品:オンラインで確認する事もある)した後、TCを返してくるので、所定の場所にサインをして渡す。
5,両替したお金を受け取る。例え、後に何十人待っていようと必ずお金を数える。たまに間違えて?少な目に渡すことがある。
 
6,旅行中に使い残したトラベラーズチェックは、次の旅行まで取っておくか、最寄りの銀行で再両替し日本円へ換金してもらいます。

ページ先頭(情報ノート トラベラーズチェックと外貨両替)へもどる。


旅行のとも、ZenTech トップページへ移動する。   Copyright © 1997-2018 ZenTech. All Rights Reserved.