旅行のとも、ZenTech > 情報ノート > アテネ観光

情報ノート 「アテネ観光」

  1. パルテノン神殿
  2. 無名戦士の墓
  3. 夕焼けスポット
  4. アテネ競技場
  5. アテネ市街
  6. サモス島
写真館 アテネギリシャのコイン

  1. パルテノン神殿

     必ず行ってしまう所。アクロポリスの丘に立っています。 夜は、ライトアップもされキレイに見えます。 直ぐ横にアクロポリス博物館があり発掘品を見られます。残念ながら、 本当の意味での1級品はイギリスの大英博物館に行かないと見られません。
    世界各国の観光客が来ているので違った意味(人間観察)でも楽しい所です。
    私は、新ユーゴスロバキアからの修学旅行生達? と楽しく国際交流してしまいました。

    私 「戦争中じゃないの?」
    彼ら「それは、ボスニア・・・」
    私 「カラジッチさんが大統領?」
    彼ら「それも、ボスニアのセルビア人指導者・・・」(もうあきれていた?)

    さすが平和ぼけ日本人?って所でしょうか。 その後、彼らに記念として彼らの名前を漢字で書いてあげたりしました。 これは、バカ受けでした。なぜか、どこでもこれをすると皆喜びます。 お試しあれ。

  2. 無名戦士の墓

     無名戦士の墓。あまりメジャーではないですが、衛兵の交替式は見ものです。 衛兵ウォチャーの方は是非どうぞ。レーニン廟の衛兵さんに次いでお薦めです。
    ちなみに日本の無名戦士の墓(厳密には違いますが)東京の千鳥ヶ淵 (皇居の近く)にあります。衛兵なんて居ませんし、ろくに整備もされていません。

  3. 夕焼けスポット

     私のお薦め夕焼けスポットは2カ所あります。 いずれも、アテネ市街を一望でき同時にエーゲ海も見えます。
    リカヴィトスの丘とアクロポリスの丘へ行く途中の展望台(展望岩場)です。
    夕焼けスポットなのでアベックの人たちも沢山います。 私が感心したのは、同性愛の方もいて人前でチュウをしていた事。 カルチャーショック!!再度まわりを見渡すとその手の方が結構いました。 その時は、アテネで知り合った韓国人旅行者(男)と 一緒だったので、他人から見れば・・・・・だったのかな?

     ページ先頭(情報ノート アテネ観光)へもどる。

  4. アテネ競技場

     第1回近代オリンピック大会の会場です。 観光地として開放されているわけではありませんが、多数の観光客が入り込んでいます。 現在の400mトラック程大きくありません。観客席は総大理石。向こうじゃ大理石は、 普通の石。
     自由に入れるので、是非オリンピック選手になったつもりで トラックを1周しましょう。

  5. アテネ市街

     市街地はあまり大きくないので、歩いてみて回れると思います。夏は徒歩では無理かもしれませんが。 たまにオレンジの実のなっている街路樹(3〜5月)がありますので人目を盗んで食べてみてください。 味の保証は全くなし。所詮、街路樹です。
     サングラス必携です。サングラスなしだと、眩しさのため頭痛ガンガン状態です。

  6. サモス島

     ローカルな島ですが、トルコ行きの船が出ているので立ち寄りました。 アテネからトルコだと、バスの夜行便が普通ですがエーゲ海クルーズとしゃれ込みたい方は 数種類のコースがあるので挑戦してください。確実にバスよりも料金は高くなりますが。
     私のコースは、アテネ−>サモス島−>トルコ。
     サモス島にも都市国家があったので神殿跡や博物館があります。ひなびた観光地で、リゾートがてらに 行く所のようです。トルコが目と鼻の先のため軍が駐留しています。朝夕は、軍隊の行進があります。
     私が広場でボーッとしていた時です。軍隊が行進してき、国旗掲揚式 が始まりました。まわりの市民もいつの間にか 直立不動で国歌らしきものを歌っていました。もちろん私も直立不動になりました。 恐るべし国境の島。トルコとギリシャは仲が悪い(キプロス紛争)のです。

     ページ先頭(情報ノート アテネ観光)へもどる。


 


旅行のとも、ZenTech トップページへ移動する。
Copyright © 1997-2018 ZenTech. All Rights Reserved.