旅行のとも、ZenTech > 情報ノート > パリ観光

情報ノート 「パリ観光」

  1. 凱旋門
  2. エッフェル塔
  3. 下水道
  4. モンマルトル
  5. ルーブル美術館
  6. オルセー美術館
  7. ポンピドー・センター
  8. オランジュリー美術館
  9. ギメ美術館
写真館 パリ情報ノート パリ博物館/美術館
  1. 凱旋門

    パリの夜 写真  コンコルド広場からシャンゼリゼ通りを歩いて、ローターリーに出たら、パリ観光の定番: エトワールの凱旋門。見上げると、屋上?に人がたくさん。登れるんですね〜。入場料を払って、階段またはエレベータでいざ登頂。
     パリ市内一望です。結構高いです。ここでパリの地理を頭に入れて、いざ歩かん。記念撮影も忘れずに。 屋上の下には、展示ルームもあって凱旋門(&パリ)の歴史をビデオで上映しています。 ナチスの行進だけが印象に残っています。お土産屋さんもあります。

  2. エッフェル塔

    パリ エッフェル塔  東京と言えば、東京タワー。なので、エッフェル塔です。
     階段でも登れます。エレベータは遅い時間までやっていますが、階段は明るい時間だけです。 私は、いつも夕方に行ったのでついに登れませんでした。エレベータに乗れば良かっただけですが・・・。
     エッフェル塔のビュースポットは、陸軍士官学校、イエナ橋西側。 イエナ橋の所からの眺めは、観光スポットらしく、眺め抜群。
     絵はがき売りなどの観光客相手の人が沢山いて面白いです。 20フランの絵はがきを交渉で、フォーティーン(14)に値切ってお金を払おうとしたら、 足りないと云うのですよ。フォーティー(40)だとさ。 「40だとー、なめとんのか、元々20と云ったやないか、フォーティーン!」 などと云いながら、14フラン払いました。 もー、日本人だと思って・・・。確かにジャパニーズイングリシュだけどね。

     ページ先頭(情報ノート パリ観光)へもどる。

  3. 下水道

     「パリは下水道まで香ぐわしい。」そーなんです。その通りなんです。うそ、ぴょん。
    と言いつつも、わりとキレイでした。 国内でもなかなか、見られるものではないので後学のためにどうぞ。 国内と云えば、青函トンネル内の駅が思い出されます。
     トンネルと云えば、そう、ユーロトンネル。私は乗っていません。誰か感想を聞かせてください。 関門トンネルは合法的に歩いて渡れるのですよ。青函はだめです。 でも、非合法(い〜響きだ)で歩く人が年数人いるそうです。 駅員曰く「捕まっても、新聞沙汰にはしない。バカな人が真似をするから。」だって。

  4. モンマルトル

     絵を描いている画家の人が沢山いるのかと思いきや、観光客しかいませんでした。

  5. ルーブル美術館

     「は〜、これがルーブルか〜。」、「モナリザ。ふ〜ん。」、「こんなもんか。」 これが私の感想。でも、ミロのビーナスは良かったですよ。

  6. オルセー美術館

     印象派以降の絵が多いので良かったです。 私の好きなエコール・ド・パリも沢山ありました。日本人の作品はありません。 藤田嗣治ぐらいはあるかと思ったのですが。佐伯先生なんて夢のまた夢。

     ページ先頭(情報ノート パリ観光)へもどる。

  7. ポンピドー・センター

     現代美術の殿堂らしく、外観も斬新。
     レジェ、カンディンスキーほかほか。 解らないなりに素敵でした。

  8. オランジュリー美術館

     こちらは、日本人向け印象派の殿堂。本当に日本人好みの作品ばかりです。
    モネの「睡蓮」の前では、多くの日本人がカメラパシャパシャ。フラッシュ禁止です。 監視のお姉さんが怒ってました。フラッシュだけはやめましょう。 どのみち、素人のカメラじゃキレイに撮れません。カタログを買いましょう。

  9. ギメ美術館

     東洋関係の美術館です。東洋陶器に関しては、世界の3大美術館らしいです。パリ観光で時間に余裕があれば、行ってっ見て下さい。
    焼き物は流石でした。仏像なども豊富で日本関係も多いです。
     ボーッと日本仏像コーナを見ていると現地のおじさんが「いやー、素晴らしいですね」 と話しかけてくるではありませんか。「そっすか、こんなの日本じゃ3流品ですよ」 と云ってしまいました。本当にそうなんです。
     中国石碑コーナーでは字を読んでいたら(殆ど読めないけど)、小学校の見学らしい一団が現れ、 引率の先生が「読めるんですか?説明して」と来たもんだ。 ちょっと説明して後は解らないので許していただきました。 仏像コーナーで生意気を云った罰が早速来ました。
     なので、歴史・語学に自信のある方は腕自慢がてらにどうぞ。

    ページ先頭(情報ノート パリ観光)へもどる。


 


旅行のとも、ZenTech トップページへ移動する。
Copyright © 1997-2018 ZenTech. All Rights Reserved.